査定評価のポイント

不動産査定の種類とポイント

不動産査定は、不動産の売却額を予測する上でもっとも重要な要素です。算出額と希望とを照らし合わせながら、適正な売出価格を設計することが、不動産売却成功のカギとも言えるでしょう。こちらでは、名古屋市・大府市の不動産ショップ リクラスが不動産査定のポイントを解説します。

不動産査定とは?

不動産査定とは?

不動産査定は、物件や所在エリアに関わる過去の取引事例や市場動向、地域特性を踏まえ、不動産会社が物件ごとの売却予想額を算出する業務です。ここでポイントになるのが、査定額の判断基準。実は不動産査定には“正解”はありません。

査定で算出するのは、あくまでも購入希望者様の需要を意識した価格です。つまり、「この価格であれば購入したいという人がいます」という考えに基づく価格であるということです。なお、必ずしも査定額が売出価格になるとは限りません。売主様のご希望に合わせて、価格の調整を行うこともままあります。

一般的な査定は2種類あります

不動産査定は大きく2種類に分かれます。それぞれの特徴をご紹介します。

簡易査定(机上査定)
不動産の立地、面積などを踏まえて概算額を算出する方法です。現地の状況は未確認ですので、精度は低くなります。あくまで、おおよその売却額を把握したい場合に用いられます。
訪問査定(詳細査定)
スタッフが現地に赴き、建物の状態や周辺環境などを確認する方法です。簡易査定に比べて精度が高く、現実的な売却額が分かります。ただし、簡易査定よりも結果が出るのに時間がかかります。

査定時にチェックしておきたいポイント

不動産査定を依頼した場合には、以下のポイントに注意が必要です。

チェック1.必要書類の準備

不動産査定をスムーズに進めるためには、事前に必要となる資料を揃えておきましょう。以下は、代表的な資料の一覧です。

  • 本人確認書類
  • 物件の登記済権利書
  • 固定資産税納税通知書
  • 不動産の公図
  • 壁芯面積(もしくは専有面積)が記載された資料 ※マンションのみ
  • 耐震診断報告書
  • アスベスト使用調査報告書

これらはすべてが必須というわけではありません。不動産の種類や状況に応じて、提出すべきものは異なります。詳しくは、問い合わせの段階で不動産会社からの指示を仰ぎましょう。

チェック2.不具合・修繕の必要性

不動産の不具合や修繕履歴がある場合は、査定時に必ず不動産会社へ伝えましょう。値下げの要素にはなるものの、それを隠しておくと売却後に瑕疵(かし)と判断され、買主様との間でトラブルに発展する可能性があります。

また、不動産会社は専門家です。不具合をきちんと確認すれば、修繕の必要性や可否を判断してくれるでしょう。不動産会社はパートナーであると考え、ありのままの状態をしっかりと見てもらいましょう。

チェック3.リフォーム&クリーニングの必要性

不動産の状態次第では、リフォームやクリーニングを行うことで価値を高められる可能性があります。しかし、費用をかけて改修をしたとしても、それが必ずしも得になるとは限りません。結果として、余計な出費となるケースもあります。

現在の不動産をどのように扱えばよいかは、不動産会社からのアドバイスを聞いた上で判断されるのがおすすめです。プロの目で物件を確認してもらい、改善の必要性やコストについて提案をしてもらいましょう。

チェック4.境界線(土地・一戸建の場合)

一戸建物件や土地を売却する場合、境界線はトラブルの火種になりやすい要素のひとつです。そのため、査定の時点で境界線が明確化されているかどうかは確認しておくようにしましょう。「問題なし」という確証があれば、不動産査定の時間を短縮できます。

条件が悪くても諦める必要はありません

不動産は、ひとつとして同じものはありません。それぞれの違いはいわば“個性”です。そのため、一般的な悪条件にとらわれるのではなく、逆転の発想でそれを強みとすることもできます。

狭い土地
狭小地は面積が少ない分、売却額が安くなる傾向にあります。これは、若い世代にとって大きな魅力となるでしょう。なお、建築設計時に工夫をすれば、狭小地でも魅力的な物件は実現できます。そのほか、駐車場や倉庫として売却するといった方法もあります。
北面道路に接する土地
道路に面する部分は南側が理想とされています。これは、正面からの太陽光を多く取り込めるからです。しかし、北側だからといって必ずしも条件が悪いとは言えません。南側に太陽光が降り注ぐ庭やテラスを設置すれば、大きなアピールポイントになりえるでしょう。
道路に面していない土地
道路に面している土地は車を出すのに便利です。一方、奥まった位置にある建物は、道路からの騒音もなく、閑静な環境と言えるでしょう。また、プライバシーが守られやすいというメリットも。アピールの仕方ひとつで、大きく印象が変わるはずです。